所属や教室などの垣根をこえ、どなたでも自由にご自分の絵を載せてみませんか。水彩画のいろいろな画風や技法に、これからの制作に刺激やヒントが得られるといいですね。お問い合わせや連絡は tmatsu392@gmail.com  までどうぞ。 

散歩道での桃畑、今日のお天気によく映えて綺麗でした。                                                
桃 1280改
                                                                         haruo (white watson 330×201)

f0320422_17045681 改   1280px
                                               京都大原の里      「風と雲」    さんの作品から
  
f0320422_08371300  デッサン


 京都らしい趣のある風景・風物を水彩で描いてご活躍のOkuboさんの作品をご紹介します。
   何年か前から、線を活かしたいかにも透明水彩らしい爽やかで軽快な画風に憧れて、勉強させていただいていました。作品から、あの豊かな歴史のある京都大原の風が吹き渡ってくるような感じですね。 
「気に入ってくれているのであれば、どうにでも使いなさい」というお話を以前いただいておりました。ご親切にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。                         

  「風と雲」さんのブログはこちらです。

      https://kaze9mo.exblog.jp/                        ( 文責 ・ Taka )

                                                      

 先日、まだ寒いかななどと言いながらも、思い切って誘い合って野外写生に出かけました。  
 風もなく、暖かい春の日差しの中での写生は最高です。ウォーキングの人との会話、アメの差し入れ、例によってランチライムも「充実」していて、楽しい一日になりました。でも、いつもながら時間不足となり、最後はちょっとたいへんでした。
IMG_7025

IMG_7029

IMG_7027

IMG_7054

IMG_7024

IMG_7026

IMG_7028
                             

  雪に埋もれてなかなか野趣に富んでいるお蕎麦屋さん。

37ca18a8改

                   nobu.            F8

  この間、写生会の折にHaruoさんから、少し横長のスケッチブックを見せていただきました。こういう製品があることは知っていましたが、実物を見るのは初めてでした。

IMG_7031


【MUSEの商品説明】

コットン高配合の国産水彩紙ホワイトワトソン 239g/㎡(特厚口)を、風景画(ランドスケープ)を描くのに最適な横長スケッチブックにしました。

このランドスケープ ホワイトワトソンブックは、Fサイズの長辺を元に、黄金比率( 1 : 1.618 )で算出した当社独自のサイズで、この特徴的な横長の描画面は、自然の景観や街並みなど、広がりのある作品を描くのに最適なスケッチブックです。 


などとありました。G4サイズというものは 330×204ミリでP4号に、G6というサイズは 411×254ミリで P6号くらいの大きさのようです。(現在市販のスケッチブックはF10号の縦横比は1.2
横長の方がどうも風景画とすると落ちついた感じがします。画面の縦横比が「黄金比率」になっているせいでしょうか。欧米でのスタンダードの「インペリアサイズ」でも縦横比は約1.4です。

IMG_7032

 ちなみに、テレビが地デジのハイビジョンに切り替わって、急速に画面の16:9 がスタンダードになりました。人間工学の専門家が、人間の左右に広がる目の瞳孔距離やいろいろな要素から考えて、16:9に決めたということを聞いたことがあります。なるほど、部屋の中で画面が16:9のテレビ画面は、違和感なくしっくりきます。

 ある人いわく、将来的には絵画の世界も、この「16:9」のような 1.7前後の縦横比 のキャンバスサイズが標準になるかも、などと大胆な予測(?)をします。そういえば、画家の個展では時々この極端に横長の作品を見ることがあります。う~ん・・・、でも、それは困りますよねぇ。手持ちのマットや額はどうなるんでしょうか・・・・。 ( Taka )

    今年もコロナ禍の中、満開になりました。昨年より見物の方が多くなっている感じでした。
74ce13a8  改


                                       Haruo      (  White watson  334×204  )

 間もなく4月。県内でも桜の便りを聞くようになりましたが、ここでは、土筆が満開?です。                       

DSC02897

                                                                         Haruo    (White Watson   F10号 )               
                                                                                

  先日紹介したこのページへのリンクが開けないというご指摘をいただきました。設定などに不備があったようでご迷惑をおかけしました。お詫びして再掲をさせていただきます。

f0217392_22262028

1.先ず、このURLをクリックしてください。
 
   
https://www.inartefabriano.it/catalogue2020flip/mobile/index.html

  本が開かれるようなアニメーションが出ます。作品が多いため、ページが表示されるまでしばらく 
   (1,2分?)時間がかかります。

2.ページの上と下に細い赤い帯が出ます。下の赤い帯にある虫眼鏡マーク 🔍 をクリック

3.下の赤い帯の真ん中付近にある分数表示の 1/794  の 1 を 427 (日本チームのペー 
   ジ)に直してそのすぐ右にある → マークをタップすると、日本の作家の作品を見ることができ
   ます。

 手順の説明が分かりにくいかもしれません。うまくいかない場合はまたご連絡ください。

                                  

IMG_5919
                                                    公 園 の 春     F8   Etsuko

    この時期にアップするには、ちょっと早すぎますかねえ・・・・。
    でも、もう1ヶ月もすると公園の花壇も色とりどりの花々が私たちを迎えてくれます。花に囲まれての写生が楽しみですね。   ( Etsuko )
                           ( 長岡市・千秋が原ふるさとの森公園 )

 先日の晴れた日。ここも排雪が終わり?春を迎える準備が着々と進んでいる様子でした。                                                                            

sgsgds

                                                                          (  haruo   white watson   334X206 )

  陽光に誘われて山間の集落に春を訪ねてみました。
   道の両脇の雪の壁が高く思うようなスケッチポイントがみつかりませんでした。上手い人はどのように風景を切り取るのか知りたいものです。  
         
0F87AC52-8FB6-4C53-86AB-809C2E020AB1
                                      里山に春が来る     nobu  watson f'8

f0217392_22262028
 
  水彩紙で有名なイタリアのファブリアーノ社主催のファブリアーノ国際水彩画展2020のデジタルカタログが公開されました。

 今年はコロナウイルス禍のため、イタリア・ファブリアーノでの現地展示は延期となったようですが、出品作品のカタログをリンク先にアクセスして見ることができます。国内外からのたくさんの水彩画を見ることで、水彩画の潮流など様々な情報を知ることができると思います。


https://www.inartefabriano.it/catalogue2020flip/mobile/index.html

 先ずここをクリック ↑ 作品が多いため、ページが表示されるまでしばらく(1,2分?)時間がかかります。

 ページの上と下に細い赤い帯がでます。⇒ 下の赤い帯部分に出てくる虫眼鏡
🔍マークをクリック ⇒ Japan 日本チームのページ数、427で検索すると、日本作家のページにジャンプして、作品を見ることができます。スマホでも大丈夫です。

4E4E3005-C8AB-486F-A3DF-71D7AC389171

                                                  春 め く 山 里         WhiteWatson  F8    nobu

   一時はどうなるかと思った今年の雪は、その後はほとんど降らず、日増しに春めいてきました。    
   小高い丘から見た集落は、屋根が日の光を反射して光り、、いかにも春の近いことを知らせているようでした



  あと1週間で「春分の日」。春の声が聞えてきたとは言え、残雪を吹き渡る風はまだまだ寒いです。春の花々を持ち寄って、室内で静物を描いてみました。
  漬け物などをいただきながらの昼食、デザートのスイーツを楽しみながらのおしゃべりタイム。。。。いつも和やかな雰囲気で、花よりだんごのような一日でした。

IMG_6975  Sachjko
                      Sachiko

IMG_6981 Mieko
            Mieko

IMG_6983 Kazuko
                  Kazuko

IMG_6992 改 改
                     Taka

IMG_6979  Etsuko
                    Etsuko

IMG_6984 Haruo
                             Haruo

   今日何気なくブログの「ランキング」というページを見ました。なんと、Etsukoさんの投稿で、何百何千とあるブログの中で上位50位以内に入っていました。
    よくわかりませんが、これまでの皆さんの作品アップ、閲覧者数、拍手、コメント、コメントに対する反応など、いろいろな動きが総合的に判断されてランクがきまるのではと思われます。いずれにしても、ちょっと嬉しいことですね。
   これからも、新作、旧作、大きさなど問わず、ますます楽しみながらいろいろな画風にふれながら今後の制作のヒントを得ていきたいものですね。 
  (Taka )


無題yuy




img682 野外音楽堂 6F Etsuko

                                                     野外音楽堂の見える公園   F10     Etsuko.I

 野外写生ができる暖かい季節が早くきてほしいですね。

 先日、雪晴れの日に近くの里山に登ってきました。 山では積雪が2~3メートル、あたりは地形の凹凸が深い雪で覆い隠され、ゆったりとした雪景色が広がっていました。 

img669 改
                                 越後駒ケ岳を望んで      Montval Canson 18 X 25 cm W&N                     

  いたる所に見える雪崩れの跡に、春の気配を感じながらのスケッチです。でも、やはり寒くて絵筆を持つ右手が悴んでたまりません。雪の山ではサングラスは必需品ですが、スモークのサングラスを通して描くためか、すこし色が派手で硬い感じの絵になってしまいました。   (taka)

img680 1月のNさん 10F  Etsuko

人 物 習 作  (1月のNさん)         F10    Etsuko.I

 〽 あかりをつけましょ ぼんぼりに
          お花をあげましょ 桃の花・・・
  
  まもなく桃の節句。それぞれ皆さん、どんなことを思いながら描いたのでしょうか。ゆかしい人形を見つめながら、いい時間を過ごすことができました。


IMG_6923
                                       F8     Kazuko

IMG_6924
                                                                                                   P8    Haruo

IMG_6926
                                                                                                8F      Etsuko

 
IMG_6928
                                                                                 6F       Yumiko.S


IMG_6929
                                                                                 F6          Sachiko.A

 
IMG_6933 改  改
                                                                                        10P       Taka

IMG_6930
                                                                                      6F    Mieko.K

続々 春の・・haruo

一週間ほど前のこの交差点もその後排雪され、見通し良くなりました。 
                                                                  haruo    (  p4号  )

↑このページのトップヘ